ギエロン星獣

ボークス   高垣利信   再生怪獣ギエロン星獣
ついにこのキットをHPに加えることが出来た!!ボークスウルトラ怪獣史上最高と個人的に思っている『大石ガラモン』、『村田ドドンゴ』、そして『高垣ギエロン』!!
大石ガラモンと村田ドドンゴは作ってたのですが(ドドンゴはオーナー様の意向でアップできませんです、誰かアップしても良い依頼ください 爆)この傑作造形をいつかやりたいと思っていたら先日小森先生がもの凄い仕上げでアップされていて、そのカッコ良さに『自分も作ってみたいです!!』とFBに書いたとたんに『どうぞ!!』と依頼が届きました(爆)。今後はおちおち書き込みも下手なことは書けません(笑)。

さて制作ですが、どんな色かなぁ〜っと最近出たブルーレイで色の確認をしていて恐ろしい事実に初めて気が付く、ギエロンの翼ってステンレスの金属板剥き出しですがな!!知らんかった。。。。。塗装でそれらしく逃げるか?とも思ったのですが、前にアス工房のバルタン星人2代目のスペルゲン反射鏡で使ったハセガワの鏡面シールが使えないだろうか?と挑戦してみる。皺がなるべく出来ないように貼るのも大変だし、貼った後、切り取っていくのも大変、切った部分のの断面の段差を全てエポキシパテで均していくのも大変、シールが剥がれないようにマスキングするのも大変、もう何から何までひじょうに面倒くさい制作になりましたが、その効果ははたしていかが?判断は皆様にお任せいたします。

目はスチールと映像から星型の黒目の形状まで同じに、口は黄色い煙で若干黄色くなってるところまで再現してみました(スチールでは撮影後に完全に黄色になってしまっているのもある)。当時では再現できなかった古いキットの鏡面処理といった現在の最新マテリアルでの今でしか出来ない制作、はてさていかがでございましょうか?
ボークスのこのポージングの完成写真に当時どれだけ憧れたことか!!


トップへ
戻る